スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期が上司になってしまったら

2013.10.26.Sat.11:41
あたしにとって「組織」での生活は2年。

もちろんそれからもなんやかや人間関係の中に居るけど、
「瞬間を共有する人」て感じかもしれない。

仕事の中で何かしてもらおうとも、ずっと一緒とも思ってない。
ご縁があれば寄り合うし、続くでしょう。

てのがあたしの感覚。(あ、「仕事」での感覚ね^^;)


そんな中、
久々に「組織」て感覚を思い出させる文を読みました。


和田一郎さんのブログ『ICHIROYAのブログ』から…


『同期が上司になってしまったら』


組織の中に居たら、きっとこの場面に遭遇する事があると思う。
そんな時にどうするか??

言い換えれば、自分も受けたオーディションで友達が合格した、て感じやろか。



同期のAくんとBくん。Bくんが昇進してAくんの上司となった。
和田さんがそれぞれにこの件について尋ねてみたそう。


Aくん
「ははは~あいつも大変だからなぁ、助けてやらなくちゃ」

昇進したBくん
「仕事でも、人間性でも、お前よりは上だから」


確かにBくんの仕事の能力は凄いが、一方でAくんは「あいつ」を助けてやらなきゃと笑い飛ばす。

自分の価値を出世の度合いだけで測るとしたら、ほとんどの人間は負け組となってしまう。
だけど、組織が人それぞれに課す苦難は、ポジションに関わらず人を磨く。
組織は色々大変なようで顔に刻まれるけど、Aくんのよう渋く、芯から深く輝く人間をつくりだす。





あたしはAさんは今幸せなんだと感じました。
どんな生活かはわからないけど、気持ちが満たされている。

満たされる事は「余裕」に繋がり、結果周りの人も幸せを感じる。
「幸せの伝染」ってこんなとこかなぁ。

人間力だーなんだーって言う前に
満たされている、て感じられるのは素晴らしい事だなぁ。

…てこれはあたしの感じたことですが、
ご興味ある方は読んでみてください。

→→ICHIROYAのブログ

さて、今日もがんばりまーす。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 水玉LOVER | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。